Home 心療内科ってなに?選び方や治療方法について

心療内科ってなに?選び方や治療方法について


心療内科はどんな診療科?

心療内科とは身体的に何かしらの症状が出た場合において、その症状の背後にストレスなどの心理的要因が自覚される際にかかる診療科のことです。ストレスで腹痛や下痢が起こる過敏性腸症候群や、めまいや窒息感が引きおこるパニック障害などが挙げられます。また、身体的症状で検査を受けた際に、原因不明と診断された場合にかかることもあり、精神的な症状を扱う診療科です。

心療内科の主な治療方法

抗うつ剤などの薬物療法や、臨床心理士によるカウンセリングなどの心理療法といった様々な治療方法が存在します。

心療内科のおすすめの選び方

具合が悪くなった際にすでに症状を理解している医師に診てもらえるため、心療内科はできるだけ自宅から近い場所を選ぶと良いです。また、薬の投与だけでなく、カウンセリングなどの治療方法を実施することが可能な心療内科がおすすめです。各病院によって診療時間が異なりますので、平日に仕事をしている方であれば休日に受診することができる心療内科を選ぶと良いと思います。

心療内科の治療期間と金額

精神的な症状の場合は、治るということよりも向き合うという意識を持つことが大切です。心療内科に通って症状と向き合えるようになるには半年~2年ほどかかる場合が多いです。また受信金額は初診が2,500~5,000円、再診が1,500~2,500円ほどが一般的です。受信頻度は2週間~1ヵ月に一度程度の方が多いです。

心療内科の治療効果はどれほどか

臨床心理士によるカウンセリングでは、患者の心理的な不安や恐怖に共感することで「わかってもらえる」感覚を与えることができます。悩みを話しただけでは根本の解決にはなりませんが、共感してもらえることによって精神的に苦痛が和らいでいきます。自分自身を客観視することによって、解決へ行動していく前向きさを取り戻すことができます。

心療内科を名古屋で開院している診療所では、うつ病や統合失調症などの精神疾患の他、不眠症やノイローゼなど様々な悩みを抱える患者のケアが行われています。